「SmartHR」とデータ連携できるようになりました

いつも、Carelyをご利用いただき、誠にありがとうございます。
Carelyが「SmartHR」とのデータ連携サービス提供を開始しましたので、下記に詳細をお知らせします。

「SmartHR」のデータ連携サービスでできること

今回のAPI連携により「SmartHR」上から「Carely」へ従業員情報の同期がワンクリックで実現可能になりました。これにより、従業員様の入退社が発生した場合に、Carelyに個別の従業員情報を入力することができるようになりました。

<同期できる情報>
・社員番号
・姓名
・姓名(ヨミガナ)
・メールアドレス
・生年月日
・性別
・入社年月日
・在籍状況
・雇用形態
・部署
・役職
・Carely連携対象(カスタム項目)
・ストレスチェック対象(カスタム項目)
・ストレスチェック集団分析(カスタム項目)

SmartHR連携の背景

Carelyは、人事・労務担当者の煩雑で複雑な健康管理業務を、テクノロジーで効率化を実現するサービスです。これまで、利用者様にお話をお伺いすると、入退社や部署異動などの状況に応じて人事情報の編集を行うことが多数あり、Carelyの従業員情報更新に多くの時間と手間が発生しているとお伺いいたしました。

弊社としても上記課題解決のための一つとして、労務管理クラウド シェアNo.1 (※HRTechクラウド市場の実態と展望 2018年度(ミック経済研究所))である株式会社SmartHRとデータ連携を開始し、従業員情報をワンクリックで取り込むことにいたしました。

Carelyは、今後も人事労務担当者の煩雑で複雑な健康管理業務を、テクノロジーで効率化を実現するサービスを提供して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。

補足:連携方法

「SmartHR」上で、スマートキーとアクセストークンを発行し、Carelyに登録してください。

SmartHRの設定

1:SmartHR の URL からテナントID をご確認ください。
2:アクセストークンを発行してください
  2−1:設定→アプリケーション連携→アクセストークン→アクセストークンを発行
  2−2:アクセストークンの用途・説明を入力し、全部参照・更新可を選択

Carely上の設定

1:人事権限でログインし、システム設定→サービス連携をクリック
2:SmartHR連携をクリックし、アクセストークンとテナントIDを入力
3:従業員一覧に、SmartHRと同期ボタンが表示されます。同期したい場合に当該ボタンをクリックしてください。

カスタム項目などの詳細設定

下記カスタム項目につきましては、個別にご案内いたします。活用をご希望の方は担当(メールアドレス:cs@icare.jpn.com)までご連絡ください。

・Carely連携対象(カスタム項目)
・ストレスチェック対象(カスタム項目)
・ストレスチェック集団分析(カスタム項目)