Slack連携を開始しました!

いつもCarelyをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

従業員、および人事・労務、産業医の方々が、ご自身宛にCarely上で何らかの連絡があった際に、Slackに通知する機能をリリースしました。当該機能によりCarelyにログインして状況を確認することなく、連絡有無を確認することができます。

設定手順

▼Carelyにログインし、下記をユーザー設定をクリックし、【通知連携】をクリックします。

▼続いて、slackのボタンをクリックします。

▼slackのワークスペースにログインするように表示されますので、URLを入力し、slackに登録されているメールアドレスとパスワードを入力します。

▼ワークスペースを選択肢、投稿先を選択し、メッセージ送信内容を指定します。

以上で完了です。

※ワンポイントアドバイス!

・投稿先は「あなた専用のslackbot」ではなく、「本人のダイレクトメッセージ」をご指定ください。

背景・目的

本機能は、Carelyをご利用いただく皆様から、「Carelyで相手方から連絡が来ても、通知されたことに気付かなかった」「連絡がきていたことを見落としていた、もっと通知をわかりやすくしてほしい」といった要望を受けて、開発・リリースさせていただきました。

今後はSlackだけでなく、様々な通知機能を開発し、従業員の皆様の健康を創る一助になれるよう努めてまいります。

引き続きCarelyをどうぞよろしくお願いいたします。