企業の産業保健業務をHRTechでサポートする「Carelyクラウド」サービスをリリース

株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:山田 洋太)は、健康診断、ストレスチェック、産業医の面談記録、勤怠情報など従業員の健康に関する情報を一元的に管理し、産業保健業務のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を実現するサービス「Carelyクラウド」を2018年5月7日(月)より提供開始いたします。「健康経営」や「働き方改革」の注目度が高まる中、健康管理業務の効率化、健康診断後の有所見者フォロー、過重労働者の健康管理など、企業の健康管理体制を強化したいという幅広いニーズが高まっています。働くひとのオンライン保健室「Carely」と「Carelyクラウド」を通じて、企業の健康経営および働き方改革を推進して参ります。

 

「健康経営」・「働き方改革」で強化が求められる産業医・産業保健機能

「健康経営」や「働き方改革」というキーワードが注目を集めています。昨年6月に、厚生労働省より公表された労働政策審議会建議「働き方改革実行計画を踏まえた今後の産業医・産業保健機能の強化について」では、長時間労働やメンタル不調などの過労死リスクが高い労働者に対し、産業医による面接指導や健康相談が確実に実施されるよう、企業における健康管理の強化が求められています。また、面接指導や健康診断の結果など、労働者の健康情報が適正に取り扱われ、労働者が安心して健康相談を受けられるようにする環境整備が急務となっています。

これらを実現する上で、産業医や産業保健スタッフに求められる役割はこれまで以上に大きくなっていきます。しかしながら、多くの企業における健康情報や面談記録は、紙やエクセル等で個別ファイル管理されることがほとんどです。機微な情報を扱う業務のため、管理にかかる手間とコストは全体としてかなりの業務非効率を産んでいる状態となっています。昨今では、「働き方改革」の中で生産性向上が大きなテーマとなっており、AIやRPAの活用が期待されています。

 

「Carelyクラウド」の概要

こうした社会的背景やニーズを踏まえ、これまでの産業衛生分野で培ったノウハウとテクノロジー(RPA)を組み合わせ、産業保健の圧倒的な業務効率化を促進するクラウドサービスの提供を行うことにいたしました。
URL:https://www.icare.jpn.com/services/carely-cloud/

【Carelyクラウドの特徴】
1)健康情報の一元管理
従業員の健康診断、ストレスチェック、勤怠情報、産業医や保健師の面談記録など様々な健康情報をデータ化し、クラウドに一元的に集約管理することができます。過去の様々な健康情報を、個人に紐付けてカルテのように管理することが可能になり、健康情報へのアクセス性が高まり検索が容易になります。

2) 面談候補者の自動判定
データを投入するだけで、事前に設定した独自基準で面談対象者をリスト化できます。これまで、拠点ごとに異なった基準で行っていた面談対応も、独自基準で統一化することができ、全社的に統一基準での事後措置が可能となります。また、健康診断、過重労働者、ストレスチェックのすべての面談リストを自動で作成することが可能です。

3)産業医・保健師面談記録の登録
産業医・保健師面談を、過去の対応履歴や様々な健康情報を確認しながら実施することができ、入力しやすい画面で簡単に面談記録や就業判定結果を登録することができます。また、人事などに共有する情報と産業医・産業保健スタッフしか見られない情報を分けて登録することができるため、ファイルを二重管理する必要もパスワードをかける必要もありません。

4)健康診断業務の効率化
健康診断の受診確認を従業員が登録することができ、健康診断未受診者には受診勧奨メールを一斉送信することができるため、煩雑な健康診断業務の手間が軽減します。また、自動でリスト化された対象者に二次検診の受診勧奨メールなどを一斉送信することができます。
健康診断結果を登録することで、項目ごとに自動でデータが集計され、有所見者数を確認することができます。これまで手計算で集計が必要だった労働基準監督署に提出する定期健康診断結果報告書に必要な数字を、瞬時に把握することが可能になります。

5)過重労働者面談業務の効率化
従業員の残業時間を登録することができ、閾値を超えた対象者を自動でリスト化することができます。閾値は各社で設定することができ、基準を超えた従業員に対して「疲労蓄積度自己診断チェックリスト」を一斉送信することができ、記入状況もリアルタイムで把握できます。

 

【受付開始日】 2018年4月25日(水)

【提供開始日】 2018年5月7日(月)

【ご利用料金】 お問い合わせください