健康配信#8【重要!】花粉症対策5つのポイント

こんにちは。メディカルスタッフの杉本です。

暖かな風に春を感じる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?

今日は今までお伝えしきれなかった、【プラスαでできるセルフケア】についてお伝えします。

■生活環境

・換気のポイント
花粉の飛散時期に1時間換気した際、部屋に入ってくる花粉の数は約1000万個といわれています。

花粉が多い日に換気する時には、窓は全開にせず網戸やカーテンを締めて換気しましょう。侵入する花粉を約1/4に減らすことができます。

・掃除のポイント
花粉の時期の掃除の基本は拭き掃除です。花粉の粒子は重いため、ゆっくりと床に落ちていきます。花粉が舞い上がる前に水拭きをして、花粉をとってしまいましょう。オフィスでしたらデスク周りの水拭きもよいですね!固く絞った雑巾やウエットタイプのお掃除シートを使うとカンタンです。

・加湿器を使う時のポイント
空気が乾燥すると、のどや鼻・目の粘膜が傷つき、花粉症の症状が悪化する原因になります。

また、加湿器を使用することで空気中を飛んでいる花粉を床に落とすことができます。40~60%の湿度を保つことで粘膜を守ることができ、かつ花粉が舞い上がることを防ぐことができるため、加湿器の使用がオススメです。

■身につけるもの

・洋服の選び方
生地の種類によって花粉の付きやすさが異なります。綿やナイロンなどの化学繊維は表面が滑りやすく、比較的花粉が付きにくいと言われています。

反対に、ウールは花粉が付きやすい素材です。ウールの洋服を着る際は、アウターとして綿のコートやナイロン生地のもの(キルティングコート、ダウンジャケットなど)を着るようにしてみてください。屋内に入る前には、洋服に付いた花粉を払うようにしてくださいね!

・花粉症アイテムを使った対策
最近では、マスクをはじめとして、花粉を防ぐメガネや鼻うがいのキットなどが販売されています。マスクも、フィルター機能がついていたり、耳が痛くならない工夫がされているものなど、色々な種類があります。

ご自身の症状に合わせて、アイテムを取り入れることも対策の一つです。検討してみてくださいね。

今週も最後までお読みいただきありがとうございました!