健康配信#10【覚えておきたい!】タイミング別、二日酔い予防法

こんにちは。メディカルスタッフの杉本です。

全国的に雨模様で始まった今週。この時期は天気が変わりやすく、気圧の変化により体調を崩す人が多いため、気をつけて過ごしてくださいね。

今月は歓送迎会に備えて、お酒についての情報配信をしています。

早速、今日から使える二日酔い予防の方法を、タイミング別でご紹介します。

ポイントは「お水」です!

飲む前

・飲み会当日は、日中から水分を多めにとる
・空腹な状態で飲み始めない

アルコール分解には水分が必要なため、事前に水分補給をしておきましょう。
空腹での飲酒は、肝臓や胃に負担がかかりアルコールの分解がスムーズにすすみません。また、アルコールの吸収が早まり二日酔いになりやすいので、チーズやナッツ、ドレッシングのかかったサラダなど、脂肪分を含む食べ物を少し食べておくのがオススメです!

飲んでいる途中

・ゆっくり飲む(一気飲みはNG!)
・お酒を1杯飲んだら、コップ1杯のお水を飲む
・度数の強いお酒を飲むときは水割りにして、「店員さんにお酒薄めで」と伝える

飲んだ後

お酒とお水を交互に飲むことで、血中アルコール濃度の上昇を防ぐことができます。
お酒と同じ〜多めの量のお水を飲むように心がけてください。

・飲んだ後にも水分補給をする
・脱水気味に感じたらスポーツドリンクもオススメ

アルコールの利尿作用で体は脱水症状を起こしているため、大量に水分補給することが大切です。また、肝臓でのアルコール分解には糖分が必要です。スポーツドリンクで糖分と水分を補うことができます。

以上のポイントを今日から取り入れていただき、二日酔いを予防しましょう!